皆様、こんにちは!京急蒲田院の小野田です。

今回は現代病とも言われている「ストレートネック(スマホ首)」についてお話します。

 

近年、肩こりや首痛に悩んでいる人が増えています。

特に若い世代に急速に広がってきていて、スマホの長時間操作やパソコンを使ったデスクワークなどによる

ストレートネックが原因と言われています。

 

ストレートネックとは、

正常な首の骨は緩やかなカーブを描いているのに対し、首の骨が真っ直ぐ(ストレート)になってしまった状態を言います。

先程も言いましたが、スマホを使用する際にうつむいたままの状態が続いたりすることで、頭を支える首に

大きな負担をかけます。

また、パソコンを使った長時間のデスクワークや姿勢が悪い座り方なども同様です。

これらの負担が蓄積され、首のカーブは次第に失われていきます。

 

ストレートネックが原因で起こる症状としては、肩や首・背中・腰などのコリが主ですが、

重症化すると、痛みやしびれ、背骨の変形によるヘルニアなどにもなる可能性があります。

他にも、手足の冷え・頭痛・眼精疲労・吐き気・めまい・慢性的なだるさなどの症状もあります。

 

ここで一つ、簡単なストレートネックのチェック方法を紹介します。

  • 壁にお尻と背中をつけて立ってください。
  • 次の4か所(後頭部・肩甲骨・お尻・かかと)が自然と壁についているか確認します。
  • 自然にできればOKです!後頭部が壁から浮いていたり、無理をしないとくっつかなかったりする場合は、ストレートネックになっている可能性が高いです。

 

当院でのストレートネックの治療としては、

・整体コース → 問診、検査、施術で30分~40分 ¥5,500-(税込み)をオススメしています。

骨格を調整して身体全体のバランスを整えたり、凝り固まった筋肉をほぐします。

また必要に応じてストレッチや正しい姿勢の指導も行います。

 

最後になりますが、自分でできる予防法をいくつかご紹介します。

  • スマホの長時間使用を控える。

長時間使用しなければならない時は、目の高さで見るように心がけましょう

  • 同じ姿勢を続けない。
  • 座り方に気を付ける。(骨盤を立てて座る、足は地面につける、猫背にならない)
  • 枕の高さを自分に合ったものにする。
  • 首回りのストレッチをする。

 

コロナ禍により、テレワークや外食を控えたりなど自宅にいる時間が増えている方多いと思います。

身体のメンテナンスをすることが心のメンテナンスにも繋がると思います。

当院はコロナ対策を徹底して営業しておりますので、安心してご来院ください!!